FC2ブログ

震災支援ネットワーク東海

震災支援ネットワーク東海の活動報告、情報の共有化を図るために更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻・千人風呂プロジェクト

 称法寺さまでの活動後、1kmほど離れた永厳寺さまに行く。ここではJIM-NETさんが石巻・千人風呂プロジェクトという活動をしている。JIM-NETさんは諏訪中央病院の鎌田實先生や長野の高橋卓志住職も関わる団体。北海道のみなさんも以前から繋がりがある。震災から2週間ほどの頃も医療関係者とのカンファレンスに参加させてもらっている。ボランティア同士の緩いネットワークの重要性も確認された。

 前日に依頼があったらしく、大阪教区からのボランティア4名がヘルプに回る。このボランティア活動のなかでも、被災された方々の生の声を聞ける数少ない場所として大いに注目。お風呂というのは衛生的にみても、感染症の予防になるし、精神的な意味でもこころをほっとさせるものがある。ほっとして思わず苦しかった本音が出る。それを聞かせてもらえるのは大事なことだろうと思う。

 この場所では特にこの時期におけるボランティアの心構えみたいなものが垣間見られた。この時期にはマニュアルのようなものが存在しないため、自分で仕事を探せることが重要になる。なにも指示されていないからと思っていたら、ここではただぼーっと過ごすだけになってしまう。仕事は自分で見つけるもの。お風呂から出てほっとした時に出る一言の本音に耳を傾ける。すごく大事なことであると同時にきつい活動でもあると思う。被災された皆さんはストレスを解放できるが、それは聞く側の心を揺さぶるものだ。自分のなかにため込んでいったらいつか折れてしまう。傾聴する側も複数であったりボラセンでなり、解放することが大切だと感じた。

お風呂プロジェクト

 写真はお風呂プロジェクト「不動の湯」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinsaitok.blog90.fc2.com/tb.php/7-26515097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。