FC2ブログ

震災支援ネットワーク東海

震災支援ネットワーク東海の活動報告、情報の共有化を図るために更新中

他団体との連携

先日、「福島のこどもたちを三重へ」プロジェクトの反省会が
大谷派の桑名別院にて行われました。
お盆明けに開催されたこの企画、私は参加できませんでしたが
当ネットワークのメンバーも今年参加させていただいた企画であることや
今後の展望も鑑みて行ってまいりました。

反省の中では、初めてのことで参加者の確定がギリギリになったり、段取りが悪くなったこと、
当日スタッフにはなるべく決定事項を伝えようとするあまり、
情報がなかなか届かずかえってやきもきしたことなどさまざまな反省点もあったとのことです。
一方、保養プロジェクトという企画自体に関して言えば、
立ち上がったばかりで若手が積極的に動いていることもあり驚くほど批判が少ないとのこと。
来年、再来年と重ねていく中でどう変わっていくかが課題との認識もありました。
私たち本願寺派や高田派のみなさんとの連携も、
こういうプロジェクトがなかったら全く関わらなかったかもしれないが、
このご縁を大切に活動を深められたらとの指摘もありました。

懇親会では福島の参加者から送られたスライドショーも見ることができ、
こどもたちの満面の笑みにみなさん決意を新たにされた様子でした。
プロジェクトの実行委員長さんともお話ししましたが、
感じておられることに共通点も多く永代経から駆けつけてくれた
事務局長もともにうんうんとうなずくことでした。

この活動は20年継続を目標に掲げておられます。
来年も今回の企画をベースに、伊賀(忍者をテーマに)での活動も考えておられる様子でした。

現地にはなかなか足を運ぶのが難しい方も関わることによって見方がきっと変わるのではないかと思います。
寺院関係者のみなさまはお盆明けでお疲れのことかと思われますが
来年も同時期開催が見込まれますので、三重県のみなさま中心に今のうちから予定を探ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinsaitok.blog90.fc2.com/tb.php/56-f874aeba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)