FC2ブログ

震災支援ネットワーク東海

震災支援ネットワーク東海の活動報告、情報の共有化を図るために更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

称法寺2日目

4月14日 松野尾、馬嶋、鹿児島別院より2名

 本日も石巻・称法寺さまにて活動。行きは、1kmほど離れた永厳寺にて活動する大阪教区のみなさんを案内。

 称報寺さまに移動後、前日お願いされた天袋の中の巻物などを運び出す。かなり高い部分なのにここにもパルプが入り込んでいる。本日は住職さまは法務で不在。その間にも何人かの門徒さんが訪ねてこられた。住職さまの親戚の方が応対してくれる。その方が前から気になっているという地下室を見てみることに。

 観音開きのふたは土砂などが詰まって動かない。バールでこじ開けると中は想像以上の広さではしごのような階段が続く。水があると思われるため、恐る恐る降りて行くと思ったより水は引いている。くるぶしぐらいなので問題なし。安心して中にある炊き出し用のガス釜などを出そうとすると、床がふわふわしている。ぞっとした。どうやら水に浮いているらしい。これではいつ抜けるかわからない。しかも目が慣れないせいか中は暗くライフラインが遮断された今は電気もつかない。ようやく目が慣れてくるとどうやら床板だと思ったのは、すのこであるらしい。その下にはコンクリートの床。抜けることはないと安心したが、真っ暗で閉塞感のある場所、足場も悪い中での作業。なによりここで余震が起きたら・・・、小さな津波でも間違いなく死に至る。幸い北海道の方々7名が、帰る前にお手伝いいただけるということで、大人数ならばと11名で人海戦術で運び出す。われわれ4名では安全の確保や作業効率からみてもお断りしていたと思われる。北海道のみなさんに感謝。

 今日も45分の3クールで終了。肉体的にも精神的にもきつい一日だった。

 最後にご住職さまに置き手紙を残し、称法寺さまの活動終了。

 地下室への階段

 
 写真は想定外だった地下室への階段梯子。

 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinsaitok.blog90.fc2.com/tb.php/5-9b36fa87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。