震災支援ネットワーク東海

震災支援ネットワーク東海の活動報告、情報の共有化を図るために更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津美里町にてお米をお届けしてきました

4月23・24日にかけて、
福島県会津美里町の仮設住宅に住まわれているみなさまへお米を届けて参りました。

ここには福島県楢葉町から避難された方々がいらっしゃいます。

当ネットワークが一番の拠点としているのは宮城県亘理町ですが、
この会津美里も発足当初から関係が深く、
生活用品セットや石油ストーブの提供などで関わってきました。

これまでは鉄道などを経て来ていたのですが、
今回はお米を届けることもあり全行程が車による移動でした。
いつも亘理町に向かう経路とは別のルートで向かいましたが、
宮城と福島で距離的にも相当の違いを実感しました。
これまで何度も車通いをしたこともありますが、
福島県はかなり近く感じたことでした。

お米をお届けするにあたり、初めての場所ということもあり、
少し懸念していた部分もありました。
何度か通わせてもらっている地域と比べると
やはり警戒感を持たれる方が多いので心配な部分もあります。

今回は幸か不幸か、仮設住宅一斉清掃と重なってしまいました。
何度か通うところならば事前に把握できたかもしれませんが(これも不確実ですが)
初めての場所では予定外のことも起こります。

けれどもその分、外でお掃除されている場面や
掃除を終わられて帰られるときに声をかけさせていただきました。
初めての地にうかがううえでハードルが高いのは
まず部屋の奥から玄関先に来てもらうことです。
そのような意味では清掃作業がプラスに働いたこともあります。

短い時間でしたがお話させていただき、ありがたいことでした。

短時間の中にも太平洋側の温暖な地域から山深い会津に避難するうえでのご苦労や
着の身着のままで避難して辛かったことなどのお話を聞かせていただきました。

今まで継続して活動してきましたが
お米の支援も継続的に支援させていただきたいと思うことでした。

さて昨年秋から続けてきたお米の支援活動も
今回お米を届けることで一段落をむかえました。

これからの季節はお米を保存管理する場所の問題もあり
お米の集積は一旦ストップさせていただきます。
夏を過ぎて秋から新米中心に集積、梱包の後にお配りすることを考えております。
このためしばらくのあいだお米の集積は中休みをいただきます。

今後ともご支援の程よろしくお願いいたします。

P4241212.jpg
スポンサーサイト

お米の仕分けと出発準備

報告が遅れましたが
4月16日に桑名集積寺院において
お米の仕分け作業を行いました。

多くの方にご参加いただき
何度も仕分けるなかでコツを掴んだ皆様方の手により
1時間足らずで楢葉町へのお米の仕分けは完了しました。

23、24日は万全の状態で現地へ迎えることと思います。
ご支援大変感謝しております。

今回現地へお米を届けることによって
昨秋からみなさまからお預かりしたお米全てをお届け出来る予定です。

まだ完了はしていませんが
その準備ができたことですこし安心しております。

この数日は気候の変化も大きいようなので
気をつけながら活動していきます。

今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

IMG_2624.jpg


4.16集合写真桑名

4月のお米支援活動

3月末に報恩講&子どもイベント「ワタリクエスト」を終えて間もないですが
4月23・24日で福島県会津美里町の仮設住宅入居者のみなさまに
お米をお届けしてまいります。

会津美里町には福島県楢葉町のみなさまが住んでおられます。

福島県楢葉町は、福島第2原発がある町であり、避難区域に指定され、
現在いわき市に約800世帯と、会津美里町に約170世帯。
2ヶ所に分かれて仮設住宅に入居されています。

私たちの2011年発足当初は、「震災支援を続ける会」の活動に参画させてもらい、
生活用品セットの提供を行ってきましたが、
会津美里町にお住まいの楢葉の皆様にも提供させて頂いたことでした。

その後は会津美里仮設を全戸に石油ストーブお届けした経緯もありました。

2011年の年末には、物資集積場の体育館が閉鎖されるに伴い、
事務局で整理に伺い、その物品にて昨年1月の亘理無料バザーを開催したことでした。

昨年夏には、事務局草薙が楢葉町の子どもを対象とした、
裏磐梯サマーキャンプに参加。

亘理町ほど継続的に活動できていないものの、定期的に訪れて、
多少ながら関わらせて頂いているみなさま方です。

また、原発避難区域のみなさまですから、
亘理町とは違ったお話を聞かせてもらえるのではないかと思われます。

これからお米の仕分け作業を行い、
準備を整えていこうと思っています。

報恩講&ワタリクエスト

3月26〜28日に亘理町の窓口寺院の報恩講&子どもイベントを開催しました。
26日は新幹線で移動した後、子どもイベントのウォークラリー「ワタリクエスト」の下見でした。

そもそも「ワタリクエスト」とは何なのかと申しますと
これは員弁のみなさんが開催している「オテラクエスト」を亘理町にアレンジしたものです。
当ネットワークの事務局草薙が
員弁と亘理が風景、田んぼや川や山、あるいは道や町の雰囲気などが
似ていることからアレンジできないか考えてのものでした。
メンバーの中にもノウハウのわかる者もいることも強みになります。

しかしウォークラリーの肝となる地図は全く異なりますから
亘理に足を運んで入念な下調べをし、
当日道が使えるか(年度末なので工事の心配も)ぎりぎりまで調査しました。

そして前日の下見の際に多くのメンバーの目で地図は大丈夫か
ルートのどの部分は車通りが多いかなどをチェックして
当日に備えました。

P3268698.jpg

IMG_2442.jpg

27日は午前中はワタリクエストの会場設営や最終準備を行う一方
大阪の有志メンバーの仮設住宅集会所での雅楽LIVEのサポートにも回りました。
集会所には30人ほどの方が集まり、童謡などの曲では一緒に口ずさむ場面もありました。
とても喜んでいただき、
一生聞けなかっただろうけどここで聞くことができほんとうに有難いとのお声をいただきました。

雅楽ライブ1

P3278926.jpg


午後はワタリクエスト本番です。
心配していた天候もなんとかもち、スムーズに進みました。
西別院のゆるキャラ「ごんごんちゃん」の登場や
昨年から共に活動している新潟の麻田さんの消しゴムハンコなど
企画内容にプラスαが加わってとてもいい雰囲気のなかでイベントができました。

P3279030.jpg
ごんごんちゃんと開会式

P3279058.jpg
チェックポイントのゲームのワンシーン。豆つまみで大盛り上がり。

P3279104.jpg
同じくジャンケンのシーン。

チェックポイントでは特製ハンコを押していくと最後にキーワードが出てきます。
IMG_2423.jpg

出てきたキーワードを順番入れ替えると…
「いちごがり」ということで
亘理名産のいちご狩りにも行きました。

P3279302.jpg

最後に点数に応じて順位が出て
優勝チームには豪華なお菓子が。
とはいえどの子にも立派なおみやげがありました。

P3279357.jpg
さらに記念のノートもおみやげで贈られました。

P3279421.jpg

閉会式後に希望の子どもさんには、ハンコを押して貰えるサービスも
さらに同じページに一緒にサインを書いて欲しいといわれるスタッフもいました。
なんだか気恥ずかしかったけれど、
未来を担う子どもたちの大事な思い出に名を刻めるなんてほんとうに素敵です。
P3279427.jpg


ようやくホッと一息も束の間、
翌日の習礼をして活動終了でした。
P3279441.jpg

28日は報恩講のお勤めのサポートです。
昨年は幕を張ったりたくさん動きましたが、
その分準備いただくご門徒さんの仕事が減ってしまうという反省もありました。
今年はいくぶん自重しての活動。
いつもは見ないお坊さんとしての顔でそれぞれお勤めしました。
P3289565.jpg


お勤めは宗祖讃仰作法の音楽法要で、
エレクトーンと雅楽もある豪華バージョンでした。
100人を超える方が集まられ、賑やかな法要になりました。

P3289609.jpg

その後大阪の石﨑さんによるご法話。
震災支援を続ける会さんは我々の大先輩でもあります。

最後を締めくくるのは雅楽の演奏会。

P3289671.jpg

昨年も大好評でした。
今年も大賑わいのなかでみなさん聞き惚れていました。

今回の活動では、これまで支援の手が回らなかった
仮設住宅以外の方にまた開催してほしいと思って頂けた活動ができて
本当によかったと思っています。
奪われたものの形は違うかもしれないけれども
傷ついたのは仮設住宅に住まわれている人ばかりではありません。
まして小さい子どもたちは大きなショックを覚えたことは
みな同じであろうと思います。
ものをお届けするボランティアほど目に見える形で
一律に一定の範囲にわたってまんべんなく活動できないとは思いますが
今後も定期的に開催できればよいなと思うことでした。

P3289599.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。