震災支援ネットワーク東海

震災支援ネットワーク東海の活動報告、情報の共有化を図るために更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亘理町全仮設住宅訪問ーお米の支援活動ー

2月25、26日、一泊二日の日程で、2013年最初の現地支援活動を行いました。
今回は宮城県亘理町に3巡目のお米の支援です。
東海からの18名と大阪からの助っ人の19名での活動となりました。
現地にお米を届ける活動としては最大規模でした。

出発時には最強寒波の到来や
現地に向かっている時に栃木北部での地震など(まさに福島に入った頃でニアミスでした)
心配をかける部分はありましたが、問題なく順調に向かうことができました。

晴天に恵まれ、順調に配布活動を行い、昨年の活動の経験も生かされ、滞りなく全仮設に配布させて頂きました。
皆と話していたことですが、不在の方も多く、寒いこともあり、
玄関先でお話させてもらう時間は少なかったですが、
(やはり玄関先で開け放ったまま長時間のお話は厳しいですね)
確実に私たちの活動は認知されており、申し訳ないほどの感謝のお言葉を頂戴しました。

配布に至るまで、お米を提供下さった方、梱包下さった方、
関係して下さっているメンバー全ての方のどこが欠けても、
今回の最大規模の活動は完遂出来ませんでした。

配布にあたったメンバーも、東海の代表としてのそのことを噛み締めつつ、お伺いして手渡ししてきました。

今回の支援活動に向けて、いつものことながら現地のご寺院、ご門徒様にも、
なみなみならぬご協力を頂きました。
細かい部分の調整やケアを一手に引き受けていただき本当に感謝の念に堪えません。

これからもあたたかいご支援のほどよろしくお願いいたします。

すぐに3月26〜28日は、現地寺院さまにて子どもイベント、仮設住宅雅楽ライブ&報恩講です。
次回も東海らしく、丁寧に、地道に、元気に、清々しく、亘理で活動させて頂きます。


IMG_0217.jpg

今回は外出の方と言葉をかわすことが多かったです。

IMG_0210.jpg

やはり寒かったこともあり、部屋着での立ち話は難しく外出中の方とお話。

IMG_0211.jpg

今回もFMあおぞらさんに取材に来ていただきました。

IMG_0212.jpg

清々しい笑顔でお米をお届け。

IMG_0215.jpg

歩きながら一つひとつの言葉に耳を傾けました。

IMG_0214.jpg

外出前に急いで直接渡しに走ります。
不在でもお渡しできますが、せっかくなので顔と顔を合わせたいですね。

IMG_0219.jpg

大人数ではかどりました。

P2267955.jpg

ときには玄関先でなく窓辺でお話することも。

IMG_0216.jpg

こちらの仮設住宅群はペットとともに過ごせる一画。
自慢のワンちゃんのお話聞かせていただきました。

IMG_0213.jpg

窓際で日向ぼっこ中。

IMG_0208.jpg

出発前全員で集合写真。
スポンサーサイト

第2回お米仕分けin桑名

25、26日の現地入りに備えて着々と準備が進んでいます。
今年に入ってから2度めの作業を12日に行いました。
今回も仕分け&梱包作業を桑名市集積寺院にて行いました。
加えて今日はメッセージシール貼りも進めました。

なぜか女性陣に力仕事を一手に任せてシール貼りを若者達がする展開になってしまいましたが
全身を使う体力のいるものや手先を使う根気のいるものなど
それぞれローテーションしながら進めました。

おかげさまで予定よりも早く梱包作業が進んでいます。
念のため設けた予備日は必要なさそうです。
これも多くの皆さまのご協力のおかげです。
大変感謝しております。
今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

2013年2月12日仕分け1

2013年2月12日仕分け2
集合写真。すこし少ないようですが…

2013年2月12日仕分け3
上の写真と同時並行で外の車庫でもメッセージシールを張っていたのでした。

2013年2月12日仕分け4
事務局の会議もお米に見守られています

2013年活動始動

昨日、2月下旬のお米の支援活動へ向けてお米の仕分け梱包作業を開始しました。
いよいよ2013年の活動の幕開けです。(もちろん調整や事務作業は随時進行中です)

昨日は桑名市集積寺院本堂にて24名のメンバーでお米の仕分け作業を行いました。
多くの方に参加いただいたこともあり、分業化して効率的に作業しました。

大人数で進めたこともあって424袋(1272kg)の梱包ができました。
ご協力いただいたさまざまな方に感謝いたします。

このあと2回の仕分け、梱包、メッセージシール貼りを経て
2月25、26日に亘理町全仮設住宅に一斉にお米をお届けする予定です。
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

お米支援2.5.1
ありがたいご支援のお米を丁寧に仕分け

お米支援2.5.5
保管場所の確保のために肉体労働班

お米支援2.5.2
大勢の方にお越しいただきました

お米支援2.5.3
みなさまの温かい心のこもったお米に見守られながら

お米支援2.5.4
作業終了後にみんなで記念撮影

【仕分け作業の紹介】
仕分け作業のなかでも大変なのは、袋の口を閉じる作業。
地味の極みのような作業ですが、梱包用の固い紙紐を指先が痛くなるほどぎっちりと縛ります。
今日は大人数だったので分業制にしましたが、5袋も続けると握力がなくなり指先の痛みが取れなくなってきます。

お米支援2.5.6

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。