震災支援ネットワーク東海

震災支援ネットワーク東海の活動報告、情報の共有化を図るために更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重、愛知の新米を東北へ

しばらく更新が滞っておりました。
当ネットワークは若手僧侶中心で成り立っているので、
この時期はなかなか忙しいことです。

さて秋からのお米の支援に向けて、再びお米の集積を再開いたします。
春夏にかけては多くの皆様のご支援により3400kgのお米を届けることができました。
この秋からは、宮城、福島のみなさまに三重、愛知の新米を贈りたいと思っております。

概要は以下の通りです。

【配布対象】
宮城県亘理町、福島県新地町の仮設住宅入居者、自宅生活者の「約2000世帯」を対象に考えています。
今まで支援活動を行えなかったところから、配布を始めます。

何度も足を運んでくるうちに、仮設住宅入居者と顔なじみになったスタッフもいます。
この関係性を大切にすべく2000世帯に届けた後は、二順目に入ろうと思っています。

【配布時期】
集積の状況にもよりますが、1~2ヶ月に1回のペースで現地入りする予定です。

【米の状態について、梱包について】
可能な限り、精米された状態だと有り難いです。いまだ暑さの厳しい時期ですので、保管場所の問題もあります。今回は10月中旬に最初の配布に向かいますので、精米時期などご配慮いただけると大変助かります。
最終的にはホームセンターで売られている米袋に1袋3キログラムに分けます。
持ち込んでもらえれば最終集積場の「明願寺」と「照順寺」にて、梱包作業を行います。

【集積について】
各組連絡員の所で集約し、最終集積場の「額田組の明願寺」もしくは「員弁組の照順寺」より集積、現地に運び込みます。
遠方の場合は宅急便等で送ってもらってもかまいません。

【受付期間】
10月末まで随時受け付けます。
また状況によっては、延長の可能性も有ります。

【注意事項】
今回は「米」に限った支援ですので、それ以外の物資は一切受け付けません。



【各組連絡員】
存仁寺 山田教尚 善福寺 麻布明徳  
真楽寺 澗信輔  正覚寺 内田正海
願入寺 馬嶋英爾 西念寺 山内教真
円通寺 佐藤渉  善徳寺 加藤学   
教蓮寺 小野線隆 浄願寺 結城央道 
常念寺 水無瀬雄亮
明願寺 松野尾浩慈

支援金にご協力お願いします。
●ゆうちょ銀行 郵便局からの送金 
記号 12230 番号27260271
名義 震災支援ネットワーク東海
●他行からゆうちょ銀行への送金   
支店名228店 普通預金
口座番号 2726027
名義 震災支援ネットワーク東海



新米支援チラシ
スポンサーサイト

裏磐梯サマーキャンプwith」楢葉 町の子ども達

7月30〜31日に、震災支援を続ける会主催の
「裏磐梯サマーキャンプwith」楢葉町の子ども達」に、
震災支援ネットワーク東海から事務局の草薙が参加してきました。

原発避難区域に指定されている福島県双葉郡楢葉町は、
同じく福島県内のいわき市と
会津美里町に仮設住宅が建築され、
同じ町の住民でありながらも、離れた地域に居住されているという現状があります。
その仮設住宅の子ども達を招待し、
裏磐梯こと耶麻郡北塩原村にある「五色パラダイスキャンプ場」にて開催されました。
初日の受付では、震災派生以来初めて再会した児童同士の姿も有り、
原発に翻弄されている楢葉町の皆様の苦悩・悲しみの一端を拝見した気がしました。

スタッフとして、震災支援を続ける会、浄土真宗本願寺派スカウト指導者会、
新潟教区有志、京都教区寺族青年現地支援ネットワーク、熊本教区有志、
大阪教区石川南組有志、ビハーラ彦根の
震災支援活動に積極的に取り組む団体・個人の方が参加され、
各地様々な思考を凝らした、食事を準備されました。
東海からの参加者は1人でしたが、風船ヨーヨー釣りを準備して行ったところ、
思いのほか子ども達から好評なことで、
その他の活動としては、食事の準備のサポート、
深夜2時から5時までの夜回りと、クタクタになりながらも、
子ども達の笑顔に支えられ、楽しんで来ました。
また、全国の本派の震災支援団体、震災支援に積極的な個人の方が一同に集まり、
沢山の方とお話しして情報交換させて頂き、
皆さん人格も素晴らしく、大変に刺激を頂いたことでした。

震災支援を続ける会からお聞きするところでは、子ども達からも、
参加児童の親御様からも好評を頂いたと聞いております。
来年も開催の予定らしく、これからの震災支援を続ける会、
今回一緒に活動する御縁を頂いた皆様と連携し、情報交換をしつつ、
震災支援ネットワーク東海も継続的に震災支援活動を行って参ります。
今回、主催として楢葉町の有縁の皆様、また沢山の団体との調整をされた、
震災支援を続ける会の皆様におかれましては、
大変なご苦労であったと推察します。
敬意を表しまして、当ブログでの活動の報告と致します。
風船つり

キャンプファイヤー

みんなでスイカ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。