震災支援ネットワーク東海

震災支援ネットワーク東海の活動報告、情報の共有化を図るために更新中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米の配布 第二次活動報告

7月5、6日にかけて2度目のお米の現地配布に行ってまいりました。
今回は1800kgのお米を亘理町の仮設住宅の皆さまにお配りしてきました。
6月の配布分を含めるとトータル3400kg!!
これまでにご提供いただいたお米は全てお渡しすることができて嬉しく思っています。

今回は天気も良かった事も有り、
ゆったりと配布させてもらいました。
何度も足を運んだ亘理町の仮設住宅だけに
メンバーの顔を覚えて下さっている方もおられ、
玄関先で30分以上も話し込むこともありました。
またお米を配りに行ったはずが反対にお菓子やジュースや、お土産を頂くこともありました。
お宅にお邪魔して、コーヒーを頂いた方もありました。

一軒ずつお配りして行く中で、
1人で留守番している方、足が悪くて外に出れない方などは、
私たちを話し相手にしてくださいました。
今なお癒えることのないこころの傷を沢山お聞かせ頂きました。
これからも被災された方の一言一言に耳を傾ける支援活動を目指していきます。

今回の経験に基づき、参加したメンバーの中でも、
早くも秋の活動に意識を向けているものもいました。
秋にはまた新米の配布支援を予定しております。
これからもお力添え宜しくお願い致します。

最後に参加似たメンバーからの声を転載させていただきます。



『お米支援に参加して』

今回、三重・愛知の門徒さん達に沢山のお米を寄付して戴き、
亘理町の仮設住宅の皆様に配らせて戴きました。
真光寺の方たちの協力のもと、一軒一軒お尋ねし配りました。
それぞれのお宅で言葉を交わしながら、直接に体験談を聞くことができました。
お米支援は大変喜んでいただきました。
微力ながら私自身も少しでも皆さんに喜んでいただけたことを嬉しく思います。
これからも支援活動を皆様と共に続けていけたらと願っています。



私たちがこのように活動できるのも支えていただいている
多くの方々のおかげです。
お米を届けていただいたり、その仕分けを手伝っていただいたり、
事前に配布の段取りを整えていただいたり、あるいは留守の間お寺を守っていただいたり・・・。
多くの支えの中で活動できるありがたさ、
そして現地にてふれ合うさまざまな喜びを胸に
今後とも活動してまいりたいと思います。

秋からも御支援のほどよろしくお願いいたします。

亘理米支援2

亘理米支援1

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。